ハーブ

循環器のケアはお早めに

  • LINEで送る

毎年2月は循環器の定期健診を受けています

あ もちろんシナマフがですよ(笑)

 

なぜこの時期に循環器の検診かというと

12月1月は心臓がガクッと悪くなる時期だから

大丈夫だったかなぁ~の確認の意味で

血圧や心電図などを撮りに行っています

 

もちろん毎日のケアとしてハーブで予防は欠かせません

冬だけでなく暑くてパンティングの増える夏の時期も

ホーソンを中心に心臓の基本ハーブをブレンドして

毎日の食事にパラパラっとね🌿

 

そのおかげか

今年の循環器検診もオールクリアのシナマフでした

 

心臓の病気で特に多いのは僧帽弁閉鎖不全症

代表選手がチワワとも言われる病気です

 

そして

この時期のご相談でも特に多い

 

まだ初期段階で投薬を始めるかどうかの子もいれば

肺水腫を発症しオペを選択しなくてはならない子まで様々

 

なったら治せない 戻らない病気だから

ならないことがとっても大切

 

 

心臓病の原因は様々ですが

歯周病菌が大きく関わっているとも言われています

 

歯周病菌は嫌気性菌

歯と歯茎の間を好むこの菌は

口腔内から血流に乗って心臓の弁に付着し

その菌が腐敗するときに出すガスが弁を脆くさせることが分かってきています

 

だから

ハーブでのサポートだけではなく

先ずは口内ケアを毎日することが大前提

 

ご相談の子達も

口腔ケアを怠っていたり

やっているつもりでも十分でなかったり

お口の中に何らかの問題のある子がほとんどです

 

やっとけば良かった~って後悔をしない為にも

毎日の歯磨きと口腔ケアは是非やってくださいね

 

そして欲を言うなら

6歳を迎えたら

心臓ケアのハーブは必ず始めて欲しいなぁと思っています

 

 

我が子に合うハーブはカウンセリングにて承っています

気になる方はお問合せよりご連絡下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA