食育

ごはんだけではダメなんです

  • LINEで送る

やらなきゃならないことがあるときに限って

全く別のことをやっちゃうときってありませんか??

 

またもやお久しぶりとなったこのブログを書いてるってことは

今 そんなときってことです(笑)

 

今年も1/4が終わろうとしていますがいかがお過ごしでしたでしょう?

私は先月

タッグを組んでる獣医師主催の

犬ごはんよろず相談会をオンライン開催していました

 

講座ではなく敢えての『よろず相談会』

ご参加の飼い主さん達からは

栄養バランス・塩分・犬にダメな食材の3拍子を含むたくさんのご質問をいただき

久しぶりに心が躍りました(笑)

 

参加者さんは皆さん普通の飼い主さんです

ここで言う『普通』ってのは

犬のことを仕事にしていない人って意味です

そして

みなさん 我が子を溺愛されて

とても一生懸命でいらっしゃいます

だからこそ

毎日の食事である ごはん に大変興味をお持ちでした

 

でね

私がそこでもったいないなぁと感じたこと

 

興味があるなら作ればいい

不安があるなら学べばいい

 

そんなことはいつも言ってるし感じていること(笑)

 

今回のポイントはそこではなくて

 

一生懸命やらなければいけないところがズレているってこと

 

我が子の身体に何か起こったとき

『食事のせい』にするのってとっても簡単なこと

でも身体に何か起こったのが食事のせいだとしたら

その食事ってもはや食事では無いですよね

 

手をかけるって食事を作ることが全てではありません

手をかけるってもっともっとめんどくさくて労力のいること

 

そこから目をそらして健康などありえません

 

今回の犬ごはんよろず相談会では

3拍子揃うたくさんの不安や質問に対しても丁寧にアドバイスさせていただきましたが

犬の食事に対する考え方

更には

犬の健康に対する考え方 も お伝えさせていただきました

 

食育ってレシピを駄々洩れさせることだけではないのです

食を通して犬を育てていくことを

もっともっと考えて実行出来る飼い主さんが増えることを切に願います

 

ところでこの

『飼い主』って言葉も違和感があるのです

でもこうやって文字にすると伝えやすいので使っていますが

何かいい表現ありませんかね(;^_^A

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA